カテゴリー : ゲストハウスより

クチコミで、10点満点中「9.6」という総合評価をいただきました☆

Share on Facebook

Bookingcomクチコミ

Bookingcomクチコミ

旅行サイトBookingcomのクチコミ評価で、10点満点中「9.6」という総合評価を
いただきました☆
(クチコミ数はまだ少ないですが、京都市267軒の宿泊施設の中で2番目となる
非常に有難い評価です..)

クチコミの中で、「Goro Sang is very friendly.」や
「MR Goro Sakamoto 非常親切與熱心」などGoroさん大活躍です(^^)

もちろん改善していく点も多々ありますし、いただいた評価に甘んずることなく、
今後もよりお客様に満足していただけるよう、サービスの向上に努めて参ります!
また、クチコミに投稿してくださった方々、ご意見ご感想ありがとうございました!

今後とも「ゲストハウス東山」&「京都INN東山」をよろしくお願いいたします!

成相寺

Share on Facebook

続いて成相寺です。

天橋立

Share on Facebook

先日、休みを利用し股のぞきで有名な天橋立を観光して参りました。

さすがは日本三景のうちの一つ、とてもすばらしい景色でした♪

写真は傘松公園からの天橋立です。

この度は、ご宿泊いただきましてありがとうございました。

Share on Facebook

撮影させていただいたお写真からも伝わってきますが、本当に仲良しな皆様で明るく
皆様の素敵な笑顔を見れてスタッフ一同とても癒されました!

次回は、リピーター割引させていただきますので、是非またお越しいただけたら幸いです♪

スタッフ一同、またお会いできますことを楽しみにしております。
ご利用いただきまして、誠にありがとうございました。

南禅寺の水路閣

Share on Facebook

南禅寺の水路閣
琵琶湖疏水の水路橋で1888年(明治21)完成。
全長93.2メートルのレンガで花崗岩造り、アーチ型橋脚の風格ある構造物で、
今でも水路橋として使われており水路閣の上も歩くことができます。

またレンガのアーチをくぐると、その奥には南禅院があり京都を代表する
景観の一つとなっている。

日本一古いエレベーター

Share on Facebook

京都の中心地、四条鴨川沿いの中華料理店。
東華菜館に日本最古のエレベーターがございます。

1924年の米国製で運転はもちろん専任の運転手付き。
今でも稼働しているのが凄いです♪

建物も日本で数多くの西洋建築を手懸けた建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズが
手掛けています。

牛若丸(源義経)と弁慶

Share on Facebook

牛若丸(源義経)と弁慶

五条大橋は牛若丸と弁慶が出会った(決闘した)場所とされ牛若丸と弁慶が決闘をする場面を表した像があります。

弁慶は千本の太刀を奪おうと道行く人を襲い、通りかかった帯刀の武者と決闘して999本まで
集めたが、あと一本ということころで、五条大橋で笛を吹きつつ通りすがる牛若丸と出会う。

弁慶は牛若丸が腰に佩びた見事な太刀に目を止め挑みかかるが、返り討ちに遭い降参し、
それ以来牛若丸(義経)の家来となった。

しかしこの決闘は後世の伝説で、当時五条の大橋はまだなかったとされ
決闘の場所も堀川小路から清水寺での出来事とされる説や現松原橋が
決闘の場とも言われています。

京都・東山花灯路-2013

Share on Facebook

京都・東山花灯路-2013が今年も開催されます♪

期間※3月8日(金)~3月17日(日)
点灯時間※18:00~21:30
開催場所※清水寺周辺~東山エリア

京都を代表する寺院・神社をはじめとする歴史的な文化遺産やまち並みなどを、日本情緒豊かな陰影のある露地行灯の灯りと花により思わず歩きたくなる路、華やぎのある路を演出しています。

勝林寺

Share on Facebook

勝林寺は東福寺の塔頭で,天文19年(1550年)に創建されました。
仏法と北方を守護する毘沙門天を祀ることから「東福寺の毘沙門天」と呼ばれています。

毘沙門堂に安置する毘沙門天立像は,等身大に近い像で平安時代十世紀後半頃に
彫られたものと言われています。

また坐禅体験・写経体験などを毎日行っておられます。(要予約)

河井寛次郎記念館

Share on Facebook

河井寛次郎記念館は大正から昭和にかけて京都を拠点に活躍した陶芸作家、河井寛次郎の作品を展示する記念館です。

寛次郎自身が設計し、亡くなるまで過ごしていた作業場兼住居をそのまま公開しており、暖炉や板の間、書斎や居間も彼が暮らした当時の姿のままです。
館内の部屋には、彼が制作・デザインした家具や調度品の数々や作品の一部が無造作に、ごく自然に配されています。

また中庭奥には実際に使われていた窯や陶房もそのまま残されています。

ゲストハウス東山からの行き方

市バス:今熊野停→2駅目→馬町で下車。
徒歩:30分程。

詳細は下記公式HPでご覧くださいませ。
http://www.kanjiro.jp/